事業内容

タケモトデンキ
新ブランドマーク&ステートメント

  • はかる
  • ささえる
  • つくりだす
計測部門

電気をはかる計測部門

どこで使われているの?

主に発電所や工場などの受配電設備で使われています。
最近はビルなどでも使われており、あらゆる場所・業界の施設でタケモトデンキの計測装置が垣間見られます。

計測装置の役割

「電力使用量」をはかることが主な目的です。
どこでどれだけの電気が使われているかを見える化することで、省エネに貢献。地球にもお財布にも優しい効果を生み出しているのです。

こんな製品

  • 液晶型マルチメータ
  • デマンド監視システム
  • ストリング監視システム
計量部門

原料をはかる計量部門

どこで使われているの?

食品、医薬品、化粧品、電池そのほか、ものづくりの現場で「重さをはかる」仕事をしています。
計量装置は、ひとつひとつがオーダーメイドでつくられていて、使用環境にもっとも適したレイアウト・形用を計算し製造します。
そのようなスキル・ノウハウが評価され、世界の市場でも多くのニーズがあります。

計量装置の役割

例えば、食品を作る場合。いろんな材料の分量を量って混ぜて、レシピ通りつくる作業が発生します。
もし、はかりが狂っていたら、おいしい食品はできません。計量は「製品の品質を守る大切な役割」を果たしているのです。

こんな製品

  • 粉体自動計量機TSU-1
  • 粉体計量充填機TSU-F2
  • 手計量管理システムTMS
計装部門

生コンをはかる計量部門

どこで使われているの?

生コンクリートを扱う工場や施設で活躍しているのが、タケモトデンキの計装部門。
戦後の復興需要として、生コンクリート製造の使用材料をはかる記録計の開発に、はじめて成功しました。
その技術・ノウハウは今日の業界からも信頼されており、ダム、河川・海岸の防波堤、道路・橋・高層ビルなどの国土建設を支えています。

計装装置の役割

生産工程に、計測装置や制御装置を設置し、様々なデータをはかり、正しく記録をとります。
「はかる機械」というよりも「はかるシステム」というほうがいいかもしれません。生産品質を守る役割と、生産効率を上げる役割の両方を果たしているのです。

こんな製品

  • 計量制御装置iX-Pro
  • 水分センサーピクノスター
  • スランプコントローラー
介護機器部門

介護の安全をはかる介護機器部門

どこで使われているの?

介護施設や病院、在宅(介護)で使用されています。
タケモトデンキは約一世紀に渡って培ってきた、計測・計量の技術を活かし、2013年に「Care愛」というブランドを立ち上げ、介護市場に参入しました。

介護機器の役割

脚の悪い介護対象者が、勝手に部屋を出て転んだりしないように、ベッドからの起き上がりを検知するシステムや、ベッドからスタッフを呼び出せるコールシステムが現場で活躍しています。

こんな製品

  • 超音波離床検知システム
  • 超音波離床センサー
  • 簡易コールシステム